« UQ WiMAX モニター | トップページ | Windows Web Server 2008 セットアップ »

2009年5月 9日 (土)

Windows Web Server 2008 インストール

Microsoft スキルチャージプログラムでいただいたWindows Web Server 2008のインストールの模様です。   
# 当初コンセントの問題がありましたのでVirtual PCにインストールし   
# キャプチャしてみました

 

最近のサーバOSはクライアントOSと同じくらい簡単にインストールすることができますね。

 

Windows Web Server 2008 の DVD-ROM をマシンにセットするとインストーラーが起動されます。   
image   
image

 

言語などの指定が必要ですが、日本語版をインストールしていますのでそのまま「次へ」ボタンをクリックすればOKです。 
image

 

「今すぐインストール」ボタンをクリックします。   
image

 

しばらく待ちます。   
image

 

ライセンスキーを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。   
image

 

フルインストールを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。   
Server Core インストールを選択すると GUI が使えずコマンドラインで設定することになりますので注意が必要です。   
image

 

ライセンス条項を確認し、「条項に同意します」チェックボックスにチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。   
image

 

新規インストールの場合はカスタムしか選択できませんのでカスタムを選択します。   
image

 

インストールするディスク領域の選択です。今回はディスク1本ですのでそのまま「次へ」ボタンをクリックします。RAID構成の場合にはここでドライバの読み込みが必要です。また、パーティション分割もここで行います。   
image

 

あとは、ひたすら待てば完了します。途中2回ほど自動でリブートされました。   
image

 

インストールが完了し、最初のログオン時に管理者のパスワードの設定が要求されます。   
image

 

忘れにくく複雑なパスワードを2回入力し、「→」ボタンをクリックします。パスワードはあまり単純なものは設定できないようになっています。   
image

 

パスワードが設定されれば、「OK」ボタンをクリックします。   
image

 

しばらく待つとログオンされ下記のような画面が表示されます。   
image

 

次回は設定を行います。

|

« UQ WiMAX モニター | トップページ | Windows Web Server 2008 セットアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1899/44948192

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Web Server 2008 インストール:

« UQ WiMAX モニター | トップページ | Windows Web Server 2008 セットアップ »