« デブサミ2009 | トップページ | Microsoft SQL Server 2008 Management Studio Express »

2009年2月28日 (土)

Express Cardスロット

自分の現在のメインマシンである ThinkPad T60 には Express Card スロットがついています。しかし、日本では対応カードが少なく無駄なスロットだったりしていたのですが、SHINO-BLOG で Express Card Flash 32G が 8,980 という値段を見て間違えて(笑)ポチッとしちゃいました(^_^;)

 

ネタ元のBLOGはこちら   
Express Card 32GB

 

ショップのサイトを見てみると ReadyBoost対応との記述が... これは ReadyBoost も使ってみるしかないなと... (^_^;)

 

ショップのサイトはこちら   
OCZ SLATE ExpressCard/34 対応フラッシュメモリ 32GB 【OCZEXPSLT32G】    
# ちなみにアフィリエイトとかやってないので、ショップページのただのリンクです。

 

で、届いたわけですが、ReadyBoost の設定に苦労しましたので、BLOG ネタにしちゃったわけです(^_^;)

 

まずは、フォーマットです。デフォルト設定でフォーマットしてみました。こんな事になるとは思わなかったのでちゃんと覚えてないのですが、FAT32 16Kクラスタでフォーマットしたことになったと思います。   
# しかし、32G にもなると、フォーマットにもそれなりに時間がかかりますね...

 

で、RedyBoostタブを見ると... 悲しい画面が現れました...

 

ということでいろいろ試してみました。   
結局使えるようになったのは FAT32 64Kクラスタ でした。同じ64KクラスタでもNTFSではダメなようで... ネットを徘徊していると FAT32 はダメだけど NTFS ならという記述も見かけたので、機種依存するところなんですかね...

 

しかも、リブートしたら ReadyBoost 用のファイルができた状態で、すぐには作成されなかったので結構時間がかかってしまいました...

 

でも、RedyBoost 使えるようになったし、ストレージも増えて満足です。(^_^;)

|

« デブサミ2009 | トップページ | Microsoft SQL Server 2008 Management Studio Express »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1899/44197907

この記事へのトラックバック一覧です: Express Cardスロット:

« デブサミ2009 | トップページ | Microsoft SQL Server 2008 Management Studio Express »