« Silverlight 2 の開発環境まとめ更新 | トップページ | Silverlight のエラーについて »

2009年2月 5日 (木)

Azure 開発環境について

おそらく Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET(ODT) をインストールしているときはWindows Azure Cloud Service の実行に失敗することがあるようです。

この場合 machine.config の OracleWebEventProvider 部分をコメントアウトすれば、自分の環境では動作しました。

machine.config は デフォルトでは下記の場所にあります。
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\CONFIG\machine.config

以下、直接的に関係ない話になりますが、machine.config の場所から、ASP.NET の基本的なランタイムとしては 2.0 であることがわかりますね。.NET Framework 3.5 で拡張がおこなわれましたが、基本的な部分は変わっていないわけです...

|

« Silverlight 2 の開発環境まとめ更新 | トップページ | Silverlight のエラーについて »

コメント

オラクルとVBを接続して、自宅で利用しようと思っています。

なかなか苦戦していますが、がんばってみようと思います。

投稿: アサヒヤマ | 2009年8月 6日 (木) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1899/43952698

この記事へのトラックバック一覧です: Azure 開発環境について:

« Silverlight 2 の開発環境まとめ更新 | トップページ | Silverlight のエラーについて »