« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月17日 (月)

InterConnect 2007

先週になりますが、InterConnect 2007 ブロガーミーティングへ参加してきました。

 

Office の中でも使っていない InterConnect 2007 について簡単に紹介をうけましたが、

InterConnect 2004 の頃の「電子名刺」というイメージが非常に強かったので、

全く違ったソフトに感じました。

 

InterConnect 2007 自体の概要については Microsoft のページを見ていただければと

思いますが、自分的に使い方について考えてみたので、書いておきます。

 

Microsoft Office InterConnect 2007

http://office.microsoft.com/ja-jp/interconnect/default.aspx 

 

使い方1: アプリケーションの設計時において

アプリケーションを設計する場合にはいろいろな人の思いを一つにまとめる必要があります。

最終的にすべての人の思っていることを形にすることは不可能であるため、妥協点を探る形となります。

こういった作業のメモに使うと、この事は誰が言っていたなぁ...という人から情報を探すことが可能となり便利に使えるかと感じました。

 

使い方2: BLOG 初心者に向けて

BLOG を書いたことがない人にとっては、何を書くかがまず最初のハードルになるかと思います。

この場合に、まずは InterConnect で何でも書いてみて、あとで選んで BLOG に投稿するという使い方もいいのではないかと感じました。

InterConnect で保存した時点では、自分のパソコン上にしか存在しないので何でも書くと言ったことがしやすいのでは?と思います。

 

新しいジャンルのソフトであるため、いろいろな可能性を秘めていると思います。

ただ、InterConnect 単体では動作せず、Outlook が必須となります。また、BLOG 投稿する場合には Word が必要になり、依存するソフトが多い点が気になります。まずは、単体でも動作し連係することにより付加価値がつくような形になるとより使ってみやすくなるのではないかと思いました...

ちなみに、この投稿はInterConnect 2007を使って書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

InterConnect(Word)から cocolog へ投稿する方法

 

InterConnect は Word を利用して BLOG 投稿ができるようになっています。

InterConnect から cocolog への投稿方法をまとめておきます。

 

まずは、InterConnect の設定を変更します。

「ツール」メニューの「オプション」をクリックします。

「オプション」ウィンドウが開くので、「発行」タブをクリックし、「ブログに発行」オプションを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

 

次に、InterConnect で投稿の操作を行います。初回投稿時にはここで投稿先 BLOG の設定を行うようになっています。

すでに保存してある記録を投稿する場合には、「送信」から「発行」をクリックします。

現在書きかけの記録を投稿する場合には、「保存」から「発行」をクリックします。

 

次に画面の指示に従い BLOG の設定を行っていきます。

まずは「ブログアカウントの登録」ウィンドウが開きますので、「今すぐ登録」ボタンをクリックします。

「新しいブログ アカウント」画面で、cocolog の場合には「その他」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

「API」に「MetaWebLog」を選択し、「ブログ投稿先URL」に「http://app.cocolog-nifty.com/t/api」、「ユーザ名」「パスワード」をそれぞれ入力します。

※ URL は http://support.cocolog-nifty.com/howto/2006/03/faqxmlrpc__4f57.html に情報が載っています。

「OK」ボタンをクリックし、入力内容に誤りがなければ下記のメッセージが表示され設定は完了です。

 

設定が終わると、Word が起動します。

「ブログの投稿」タブで、「発行」ボタンをクリックすると、投稿されます。

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

test

 

test

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

Visual Studio 2008 日本語版

本日 RTM となりましたね。
MSDN サイトから順次ダウンロード可能となるようです。

ちなみにすでにインストールしてみましたが、一度インストールに失敗しましたので、
ご参考までにまとめておきます。

Office がインストールされている環境にインストールする場合には
ローカル インストール ソース(MSOCache フォルダ)まで含めて
正しく構成されていないとならないようです。

経緯は下記の通りです。

インストールした環境の概要は下記の通り
・Windows XP + Office 2007 + Visual Studio 2005 + Expression Web の環境に
 追加でインストール
 Office は 2003 からアップグレードした状態
・Office の ローカル インストール ソース(MSOCache フォルダ)を移動
 # 起動ドライブ容量不足のため一時的に待避したはずがそのまま戻し忘れていた
 移動には Local Installation Source Tool は使用せず

Visual Studio 2008 Team Suite をインストール開始するも、
Microsoft Visual Studio Web オーサリングコンポーネント のインストールで失敗
ログを確認するも状況がわかる内容が出力されていなかった。

MSDN フォーラムの英語サイトを確認すると、
Office が悪さをしているようだと言う情報を得る
http://forums.microsoft.com/MSDN/ShowPost.aspx?PostID=2448373&SiteID=1

フォーラムを参考に Microsoft Visual Studio Web オーサリングコンポーネント を
単体でインストールしてみると、MSOCache がないとのエラーメッセージが
表示されて、MSOCache を移動したことを思い出し、元の場所に戻したところ
インストールが成功した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »